WordPress

Simplicity2のバージョンアップ

更新日:

WordPressにはご存知かとは思いますがテーマを入れ替えることで簡単にWordPress Webの雰囲気が変わります。テーマごとに若干の修正があるもののすごく便利ですよね。
テーマがバージョンアップした時はダッシュボードの更新よりチエックを入れて更新するだけであとは勝手にやってくれます。

WordPressのテーマについては

ただし、WordPressのテーマには2通りの新規追加方法があります。WordPress テーマディレクトリに登録されているテーマであれば先のように更新も簡単にできます。

WordPress テーマディレクトリに登録されていないテーマも検索すると多数あります。それらのテーマのzipファイルをインストール、有効化することで使用することもできます。
ただし、ダッシュボードからの更新通知はほぼありません。
時々配布されているサイトに行ってバージョンを見て再インストールするしかないです。

WordPressテーマ Simplicity2

昨年ブログを書き始めてからというよりもGoogle Adsenceに審査をかける時からですね、SEO対策に特化、日本語、機能豊富ということでWordPress テーマディレクトリに登録されていないテーマ「Simplicity2」を使い始めました。その後もいろいろな形でWordPressのWebを構築する時は「Simplicity2」を使用しています。様々なコンテンツにカスタマイズ対応していけるのでとても便利に使わさせていただいています。

昨年6月ぐらいにダウンロードしてたZIPファイルをそのままインストールしていたわけですが、久しぶりに「Simplicity2」のサイトを見てみたらかなりバージョンアップしてる💦

当然ながら更新通知が入りませんので仕方無いのですが。定期的にチェックしなければと反省後に最新バージョンをダウンロードしてインストールすることにしました。

以前簡単にカスタマイズする前に子テーマを使用するようにって書いたと思います。

〔WordPress〕テーマをカスタマイズする前にちょっと待って!!

そのようにしていれば何の問題なく最新バージョンにアップデートできます。

Simplicity2」サイトの記事に書いてありますのでご確認後インストールしていただけたらと思います。

Simplicityを新しいバージョンにアップデートする方法2通り

子テーマを利用せず、親テーマ本体にカスタマイズしていた場合は

先の「カスタマイズする前に子テーマを使用するように」をしないで親テーマにカスタマイズをしていた場合を考えて何とか現在のカスタマイズを引継ぎできないだろうかと模索してみましたが、うまくいく方法を見つけだせませんでした💦

最新版のバージョンでは内部SEO対策を充実させているためにアフィリエイトなどの記事を検索結果上位に持っていけることも使い方によってはできるかと思います。

これからのSEO内部対策本格講座 [ 瀧内賢 ]

 

Simplicity2」では主に以下のような内部SEO対策をしています。

  • デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
  • タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
  • 分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加して順番を伝える
  • リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
  • TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
  • メタディスクリプション記入欄(抜粋)の設置
  • テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
  • hentryのマークアップに対応
  • ウェブマスターツールの構造化エラー0
  • Googleのモバイルフレンドリーテストに合格
  • PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100点
  • AMPに対応

できれば最新バージョンで使っていけたらと思います。

記事、プラグイン、カテゴリ、メニュー等のデータは消えることは有りません。最新バージョンにインストールしたとしても消えるのはカスタマイズの設定、ウィジットの配置、追加したCSSのみですので、この機会に親テーマを最新バージョンにして、同時に子テーマもインストールして、新たにカスタマイズしてみるのもいいかもです。

最新版のインストール方法は先と同じ方法ですがそれに子テーマをインストールして子テーマを有効化することで今後の問題はなくなります。

Simplicityを新しいバージョンにアップデートする方法2通り

Simplicityの子テーマをインストールする方法

 

内部SEO対策で一番大きいのは下図が記事別に設定できるようになったことですね。今後の記事は面倒だけどしっかり設定していこうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WordPress
-, ,

Copyright© TWS-ch , 2019 All Rights Reserved.