WordPress

〔WordPress〕投稿記事・固定ページの新規&更新をTwitterに自動投稿するプラグイン

投稿日:2016-08-14 更新日:

投稿記事だけでなく固定ページの新規及び更新をTwitterに自動投稿してくれる便利なプラグインを紹介します。

前書き

JetpackのパブリサイズでTwitterへ自動お知らせすることはできます。それは新規記事を投稿した時だけですよね。記事を見直して修正した時も更新記事としてお知らせしてくれるとありがたいと思いませんか?そんな時は「WP to Twitter」プラグイン!
投稿記事だけではなく、固定記事、新規投稿時、編集更新時共にお知らせしてくれます。

あまり細かく書きすぎてもわかりにくいかと思いますので最低限必要な機能に絞って書きます。

「WP to Twitter」プラグインのインストール

Twitterに”ブログ更新しました!”と書きたい方はWordPressを入する時には是非とも入れておきたいプラグインの一つですね。このプラグインは”WordPress プラグインディレクトリ ”の中へ含まれていますのでインストールは簡単です。

  1. WordPress管理ダッシュボードよりプラグイン>>新規追加 を選択
    cap_no-0075
  2. 右上当たりの検索BOXに”Imsanity”を入力又はコピー&ペーストでENTERキー
    cap_no-0153
  3. 一番左上に該当するプラグインが表示されます。
    cap_no-0154
  4. 今すぐインストールして有効化します。
    cap_no-0155

「WP to Twitter」プラグインの設定

まずはインストール完了、有効化するとダッシュボードのメニューに「WP to Twitter」が加わります。

cap_no-0156

Twitterとの連携を設定して必要なキーを取得する

最初にTwitterとの連携を設定しなければいけません。Twitterへのアプリケーション登録を行います。

  1. ブラウザの別のタブで連携したいTwitterのアカウントでログインしておいてください。
  2. Twitter アプリケーション登録ページ」と表示されたリンクをクリックして下さい。この際右クリックで別のタブで開いた方が後々やりやすいです。cap_no-0157
  3. プラグインの名称、説明、ウェブサイト、コールバックURL、デベロッパー契約のチェックを設定して”Twitterのアプリケーションを作成”します。
    cap_no-0158
  4. 無事に登録されると下記のような画面が表示されます。(下記の画像は現在使用していない画面ですのでそのまま表示しています。)
    cap_no-0159
  5. キーとアクセストークンのタブを開きます。
  6. 下部の方にある”私のアクセストークンを作成します”
    cap_no-0162
  7. 下図のように「WP to Twitter」プラグインの設定に必要なワードが表示されます。(必要な部分のみ抜粋しています。)
    cap_no-0165
  8. 「WP to Twitter」プラグインの設定に戻り上記のキーを入力して”Twitterと連携”します。
    cap_no-0164
  9. 連携成功すると下図のように完了します。「WP to Twitter」プラグインが必要なくなったら連携解除してからプラグイン削除するようにしてください。
    cap_no-0167

Twitter投稿の雛形を作成

雛形については各ご利用者の好みがあるでしょうから私の勝手に作ったひな形を掲載しておきます。ご利用環境に合わせて自由に設定してみてください。

ブログ投稿の雛形

cap_no-0175

 

固定ページ投稿の雛形

cap_no-0176

他にも組み合わせでいろいろな雛形を作ることができます。

下部の方に下図の記述がありますのでコピー&ペーストで自由に組み合わせできます。また導入している他のプラグインによりリンクの新規投稿ツイートとかもできるようになるようです。

cap_no-0177

詳細設定について

ココでは下記の2か所しか弄っていませんのでキャプだけ張り付けておきます。

ハッシュタグの設定

投稿時のタグをそのままハッシュタグに利用するかどうかの設定です。

cap_no-0178

デフォルトでの設定

私の場合は投稿記事を書いてる途中で公開ボタンを押してしまったりすることが多いため、デフォルトではつぶやかないに設定しています。全体間違いない方はチェック外しても大丈夫かと思います。

cap_no-0179

問題なくツイートしてもよい状態になったら「WP to Twitter」のウィジットが表示されていますので、下図のように選択を変更します。

cap_no-0172 からcap_no-0173

“Twiit post”の状態で公開するとTwitterへ自動投稿されます。

この際に”Twiit post”の状態に変更するのを忘れたらTwitterに投稿されないということも度々おかしています。ご利用者の判断で設定していただけたらいいかと思います。

ワンスポットで利用している設定はこれだけです。他にもいりいろ機能はありそうですが、有料だったりしているので利用していませんので解説はできません。

最後に

Twitteへの自動投稿はこれでOKだと思います。TwitterからFasebookへも自動連係しておくとWordPress>>>Twitter>>>Fasebookという流れで連携できるかと思います。実際私もこの方法で連携しています。

他のSNSで連携するプラグインとしては、「All in One SEO Pack」というプラグインもありますが、使用しているテーマと重複する機能もあるためにワンスポットでは使用していません。探すとまだまだいいプラグインがありそうですね。また見つけたら報告します。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TWS-ch

TWS-ch

2018年01月07日の運営開始から1年経過しました。誠にありがとうございます。今後も困っている人をサポートできるようなコンテンツ作りを目指して頑張ってまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

-WordPress
-, , , ,

Copyright© TWS-ch , 2019 All Rights Reserved.