WordPress

〔WordPress〕テーマをカスタマイズする前にちょっと待って!!

投稿日:2016-09-14 更新日:

WordPressテーマをインストールしてちょっとデザインを修正しようとCSSスタイルシート等を弄ったことはありませんか。テーマの更新通知が届いて更新したとたんに元のデザインに戻ってしまったという経験はありませんか?

どういうこと??

普通に配布されているテーマは基本の親テーマとなります。

この親テーマに直接CSSスタイルシート等の変更を加えたとします。しばらくはそのカスタマイズされたデザインでWEBは表示されます。
テーマとかプラグインはWordPress本体の更新により不具合が生じる場合もあります。それに合わせて配布元の方が修正を行います。
そんなある日、使用しているテーマがバージョンアップしたとダッシュボードに更新通知が届きます。喜んで更新ボタンをポチッっとしますよね。
その時にせっかくカスタマイズしたCSSスタイルシート等の変更が予告もなく新しいバージョンのテーマに上書きされて元のスタイルに戻ってしまいます。

わかりやすく書いたつもりなのですがわかりにくいでしょうかね。

インストールされたテーマそのまま使っているのであれば全然問題はないです。

CSSスタイルシート等の変更する方は子テーマをインストールしてからカスタマイズしていきましょう。

[card url=”http://nelog.jp/wordpress-child-theme″]

ワンスポットのサイトでは

ワンスポットのテーマの基本は シンプルな ”Simplicity2” をダウンロードして使用しています。

[card url=”https://wp-simplicity.com/″]

最初はそのままの状態で使っていましたが時間開いたときに少しづつカスタマイズしていこうかなぁと考え始めました。今もちょこちょこと変化はしていってると思います。

その時に子テーマを作ろうかと思ってはいたのですが、Simplicity2 では子テーマまで配布されていたので時間の節約で大変助かりました。

[card url=”https://wp-simplicity.com/downloads/child-theme2/″]

上記のページで配布されていますのでSimplicity2テーマでカスタマイズしたい方はダウンロードしてインストールするといいでしょう!

Simplicity2のカスタマイズ

Simplicity2のカスタマイズについてはmasalog.me(まさろぐ)サイトを参考にさせていただきました。

[card url=”http://www.masalog.me/simplicity-customize-point/″]

他のテーマご利用の方は

配布サイトで子テーマも配布されているとダウンロードしてインストールするだけなのでいいのですが子テーマが配布されてない場合は自分で作るしかありません。

ワンスポットでは今後もSimplicity2を使い続けるために必要性がないので、子テーマ作成でわかりやすく書かれているサイトをいくつか紹介いたします。

[card url=”http://viral-community.com/wordpress/wp-child-theme-5818/″] [card url=”http://creive.me/archives/9296/″] [card url=”http://wp.myafi.net/child-theme/″]

 

また子テーマを作る機会がありましたら詳細に記事にしていきたいと思います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TWS-ch

TWS-ch

2018年01月07日の運営開始から1年経過しました。誠にありがとうございます。今後も困っている人をサポートできるようなコンテンツ作りを目指して頑張ってまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

-WordPress
-, ,

Copyright© TWS-ch , 2019 All Rights Reserved.