Skill Pad 操作ガイド

SP-01:「FileMaker Go 17」APPと「Skill Pad」起動までの流れ

更新日:

「Skill Pad」を利用するには「Apple APP Store」で無料配布されている「FileMaker Go 17」をプラットフォームとして動作します。「FileMaker Go 17」についてはAPPダウンロード後、内部課金等も一切なく無料でお使いいただけます。また無料でご利用できるサンプルのカスタムAPPが4つほどご利用できますので必要に応じてご利用してみてください。FileMaker Pro 14~17をお持ちの方はタッチの部分をクリックまたは右クリックに変換すると同じようにお使いできます。

Apple App Store より「FileMaker Go 17」APPをiPadにインストール

他のアプリと同じようにダウンロードするだけです。

以下iPadの画面のキャプチャーです。

インストールが終わったら開いてみましょう

4個のサンプルファイルが付いてます。これは必要に応じて使ってみてください。

クラウドドライブの設定を行う

左上のフォルダ下向き矢印(ファイル取込みボタン)をタッチすると設定画面が出ますので編集を選択

クラウドドライブを使えるように変更

OneDrive、iCroud Drive それぞれ使えるように設定しておきます。

これで設定終わりです

どちらのクラウドドライブからフォルダやファイルが表示されれば完了です。私の場合はデータ関係はパソコンでもiPadでもどちらでも使えるようにOneDriveを利用していますのでこちらがメインとなります。

「FileMaker Go 17」への取り込み

FileMaker Seaver なりパソコンをホストコンピューターとして稼働してる環境であれば、ホストに接続しどちらでも共有できるのですがそれなりの設備費用が必要になってしまいますため、ココでは「Skil Pad」本体をiPadに取り込みiPadだけでデータ活用とします。

OneDrive または iCloud Drive にダウンロード保存したファイルをタッチ選択するだけです。

「Skill Pad」のファイルが取り込まれました!

「Skill Pad」のアイコンをタッチするとオープン画面が表示されます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Skill Pad 操作ガイド

Copyright© TWS-ch , 2018 All Rights Reserved.